×
高度な製品検索メニュー

ToughArmor MB699VP-B

4 x 2.5 インチ U.2 / U.3 NVMe SSD搭載用 リムーバブルエンクロージャ PCIe 4.0対応 5.25インチベイサイズ (4 x Mini-SAS HD SFF-8643接続、Triモード サポートなし)
製品詳細
  • 注:M.2、U.2、またはU.3 NVMe SSDをPCIe 16xまたは8xスロットで利用するには、マザーボードまたは拡張カードがPCIe Bifurcationをサポートしている必要があります。このモードはPCIeレーンを特定の構成に分割します。たとえば、16xスロットの場合はx4、x4、x4、x4のような構成、8xスロットの場合はx4、x4の構成です。これにより、システムがSSDを読み取ることができます。互換性のあるハードウェアについては、 FAQセクションをご参照ください。ハードウェアがリストに掲載されていない場合は、 お問い合わせ いただければお手伝いいたします。
  • 製品紹介
    ToughArmor MB699VP-B製品はNVMe U.2 SSD搭載用途向けの最新高速タイプモバイルラック製品です。MB699VP-B製品はToughArmorシリーズ特徴のオールメタル素材を採用し、一つの5.25インチベイに最大4台のNVMe U.2 タイプSSDを搭載可能です。
  • 単一の空間を最大限に
    NVMe U.2タイプSSD最大64Gb/sの転送速度を最大限に生かすため,各デバイスに独立のminiSAS HD(SFF-8643)接続コネクタを設けております。
  • MB699VP-B製品はToughArmorシリーズのEZ-slide トレイを採用し,U.2タイプSSD本来のホットスワップ機能をサポートします。
  • オールメタルのEZ-slide トレイは搭載SSDに全方位の保護を提供します。
  • もちろん、EZ-slideトレイのみではなくToughArmorシリーズ製品の筐体もオールメタル素材となり,搭載SSD或いはHDDの安全を守ります。
  • また、ICY DOCKの製品設計に実用機能もたくさん採用しております。例えば、トレイの前面にLEDインジケーターを設けており、搭載デバイスの稼働状態を簡単に把握できます。
  • トレイにある専用番号標識パネルを設けているため,RAID設定の順番やデータ保存際のデバイス個体の区別などに役立ち、搭載SSD/HDDの応用と管理に便利です。
  • 採用した冷却ファンはボールベアリングタイプとなり、三種類の回転速度を設定できますので使用用途に合わして適切な冷却機能を選択できます。
  • 例外的な製品互換性
    MB699VP-Bは、Adaptec、Areca、Broadcom、HighPoint、Supermicroなどの主要なブランドのマザーボード、RAID/HBAカード、M.2アダプタと互換性があります。この互換性により、単一のブランドのシステム構成の制約を超えて、幅広いハードウェアオプションを選択できます。製品の互換性に関する詳細な情報については、こちらをクリックしてください。
  • ToughArmor MB699VP-B製品は7pin SATA と15pin SATA電源入力に対応し、ラッチロックがついているため接続ケーブルの脱線などのトラブルを防ぎます。
  • ロック可能なドライブトレイでセキュリティ強化
    アプリケーションで貴重なデータを盗難から保護するため、追加の物理的セキュリティが必要になります。その場合は互換性のあるロック可能なドライブトレイ MB994TK-B にアップグレードして、MB699VP-B のセキュリティを強化できます。 ロック可能なドライブトレイを事前に装備した MB699VP-B の大量注文については、当社の営業チーム (sales@seijinshoji.co.jp) までご連絡ください (最小注文数量が適用されます)。
  • (オプション)M.2 NVMe SSDからU.2 NVMe SSDへ変換アダプター
    EZConvert MB705M2P-B EZConvert MB705M2P-B アダプタを使用して M.2 NVMe SSD を U.2 NVMe SSD に変換すると、ツールレスで SSD を取り付けることができ、高速 M.2 NVMe SSD 専用に設計された大型ヒートシンクが付属します。 MB705M2P-B はブリッジコネクタを使用して M.2 NVMe SSD を接続するため、M.2 NVMe SSD のゴールドフィンガーが抜き差し時の損傷から保護されます。これにより、M.2 NVMe SSDを頻繁に交換するユーザーにとって理想的なソリューションとなります。
どの ToughArmor MB699VP-B があなたに適していますか?
モデル MB699VP-B MB699VP-B V2 MB699VP-B V3
冷却ファン デュアルファン
(40 x 40 x 10mm)
デュアルファン (40 x 40 x 20mm)
ファン回転速度 4,800 RPM 8,000 RPM
コネクタ 4 x MiniSAS HD 4i
(SFF-8643)
4 x OCuLink 4i (SFF-8612)
ピン配置の定義 レガシー SFF-9402 Rev 1.1 SFF-9402 Rev 1.1
(Triモード HBA/RAID アダプター互換)
製品寸法
(L x W x H)
140.3 x 146 x 41.3mm 150.3 x 146 x 41.3mm
正味重量 854.2g 911.2g
総重量 935.2g 945.7g
適合 レガシー ピン配置
の NVMe HBA/RAID アダプター
SFF-9402 ピン配置
の NVMe HBA/RAID アダプター
SFF-9402 ピン配置
のTriモード HBA/RAID アダプター


カスタマイズ可能なICY DOCK ドライブエンクロージャ: TAAおよびUL認証基準を満たすために設計され、その他の要件にも合わせる!
ICY DOCKでは、様々な業界および安全基準への遵守の重要性を理解しています。通常の製品は既に最高品質を考慮して作成されていますが、お客様にはICY DOCKのドライブエンクロージャとモバイルラックをカスタマイズして、特定の認証要件を満たすオプションを提供しています。これにはTAAおよびULなどの標準および広温度範囲テストが含まれます。

当社の専門チームは、完全な遵守を確保するために製品の材料とデザインを調整する準備が整っています。さらに、認証プロセス全体でお客様に包括的なガイダンスを提供しています。私たちの目標は、厳格なテストに合格するだけでなく、厳密な仕様を満たすことです。以下に、当社のカスタマイズ可能なソリューションでテストできるすべてのオプション認証を詳細に記載したリストを示します。
ToughArmor MB699VP-B に対して利用可能なオプションの認証は以下の通りです。
TAA 貿易協定法の遵守
UL 安全規格認証
UL94 プラスチック材料の難燃性
FCC 連邦通信委員会のコンプライアンス
広範囲の温度 IL-STD-810H - 方法501.7および502.7
ICY DOCK製品を特定の認証用にカスタマイズする際には、必要なテストを含む証明書の作成に費用がかかります。一部の証明書は有効であるためには定期的な料金が必要な場合があります。詳細やお問い合わせについては、 sales@seijinshoji.co.jp までご連絡いただくか、お問い合わせください。
主な特徴
医療、軍事システム、ハイスペックサーバ/HPC,及びIPCsなど用途設計
   
オールメタル素材,厳しい環境の応用と難燃性要求に適合
   
U.2 NVMe SSDx4台搭載可能(NVMe U.2タイプの場合は接続クライアント側も対応必要)
   
NVMeの 32Gb/s転送レートをサポート
   
標準5.25インチベイサイズ
   
40mm冷却ファンx2個搭載でSSD/HDDに冷却環境を提供
   
二つの15pin電源入力で,4台のNVMe SSDに給電可能
   
独立の番号標識で搭載SSD/HDDの管理に便利
   
耐振技術(AVT)- 搭載HDD/SSDに安全環境を提供
   
電源自動起動技術(APT)- SSD/HDD挿入後電源起動
   
ラッチ対応コネクタで安全接続
   
搭載簡単のインナートレイでメンテナンスに便利


スペック
製品名: 2.5”NVMe U.2 SSDx4台搭載用モバイルラック 5.25”サイズ
型番: MB699VP-B
色:
接続インターフェス: 4 x Mini-SAS HD SFF-8643、Legacyで定義されたピン配置(Triモード HBA/RAID カード 非互換)
搭載デバイス: 4 x NVMe U.2 SSD
注:接続クライアント側もNVMe対応必要
デバイス厚み: 15mm迄
搭載スペース: 5.25インチベイ
転送レート: マックス32Gbps (搭載デバイスによる)
電源入力: 2 x 15pin SATA
材質: オールメタル
傳輸速率: 最高達 32 Gbps
支援硬碟容量: 無限制
冷却機構: 背面40mmファンx2
メタルによる散熱
LED インジケーター: デバイス接続 : 緑ランプ点灯
デバイスアクセス : 緑ランプ点滅
ホットスワップ: 対応
サイズ(W x H x D): 170 x 146 x 41.3 mm
產品重量: 911.2 g
重量: 865 g
FAQ

Q: OculinkまたはSlimSAS NVMe PCIe HBA / RAIDカードをminiSASHD(SFF-8643)インターフェイスを介してMB699VP-Bに接続していますが、U.2ドライブがシステムに表示されませんでした。

A: MB699VP-Bは、デバイスで使用されているコネクタピンの割り当てが異なるため、OculinkまたはSlimSAS PCIe HBA / RAIDカードと互換性がありません。 MB699VP-Bと互換性のあるHBA / RAIDカードについては、FAQセクションの互換性リストにてご確認してください。

 


Q: MB699VP-B で動作する増設カードをお勧めできますか??

A: MB699VP-Bとの互換性を確保するためには、PCIe 16xまたは8xスロットを使用する際に、拡張カードまたはマザーボードのBIOS/UEFIがPCIe Bifurcationをサポートしていることを確認してください。さらに、PCIe 16xスロットの場合はx4、x4、x4、x4の設定、PCIe 8xスロットの場合はx4、x4の設定でPCIeスプリッターをBIOS/UEFIでセットアップしてください。

PCIe Bifurcationモードをサポートするマザーボードや拡張カードの互換性については、以下のアイコンをクリックして確認してください。最適な互換性を確保するためには、マザーボードや拡張カードのメーカーが推奨または製造したケーブルを使用することを強くお勧めします。

 



現在、主要な拡張カードおよびマザーボードメーカーと協力して、当社のNVMeエンクロージャの認証作業を進行中です。互換性のあるアクセサリを含むリストを定期的に更新していく予定です。

換性のある拡張カード、ケーブル、またはマザーボードを報告するか、リストに掲載されていない拡張カードやマザーボードの互換性を確認するには、 こちらをクリックしてください。


Q:私は製品マニュアルの指示に従ってハードドライブとデバイスの取り付けを完了しましたが、システムはまだドライブを検出できません。どのようにしてこの問題をトラブルシューティングできますか?

A: まず、ハードウェアの互換性を確認し、ドライブ、ドライブエンクロージャ、ケーブル、およびホストインターフェースが互換性があることを確認してください。ドライブをホストに直接接続して、システムがドライブを検出できるかどうかを確認してみてください。それでも検出されない場合、ドライブエンクロージャに問題がある可能性を排除できます。また、異なるドライブ、ケーブル、またはシステムにドライブエンクロージャを接続して問題が解決するかどうかを試してみることもできます。それでもシステムがドライブを検出できない場合、次のような可能性が考えられます:

システムのPCIeレーンが不足している: マザーボードまたは拡張カードにドライブエンクロージャを接続する際には、使用可能なPCIeレーンの数が限られていることに注意することが重要です。これには、CPUとチップセットが提供するレーン数、およびその割り当て方法を理解することが含まれます。これを怠ると、転送速度の低下、不安定な接続、またはドライブの検出ができない場合があります。
非互換のインターフェースプロトコル: マザーボードまたは拡張カードのMini-SAS HD、OCuLink、またはSlimSASインターフェースがNVMeをサポートできるかどうかを確認することが重要です。
非互換のインターフェースピンアウト標準: ドライブエンクロージャをマザーボードまたは拡張カードのMini-SAS HD、OCuLink、またはSlimSASポートに接続する前に、ポートがドライブエンクロージャのポートと同じピンアウト標準を使用していることを確認してください。ドライブエンクロージャのピンアウト標準を確認するには、製品ページの仕様テーブルを参照してください。仕様テーブルには、ピンアウト標準がレガシーまたはSFF-9402 1.1であるかが指定されています。
接続ケーブルの過長: 最適なパフォーマンスを確保するためには、50cm以下の長さの接続ケーブルを使用することをお勧めします。長いケーブルを使用すると、信号の過度の減衰が起こり、転送速度の低下、不安定な接続、またはドライブの検出ができない場合があります。また、潜在的な互換性の問題を防ぐために、デバイスとホストの両方で同じインターフェースコネクタを使用することをお勧めします。

Q: MB699VP-Bで Intel / Broadcom Tri-Mode HBAおよびRAIDカードを使用していますが、ドライブがシステムに表示されません。

A: この問題は、RAIDカードメーカーがTri-Modeカードに通常U.2接続に使用されているものとは異なるピン配置を使用していることが原因で発生します。 M.2 NVMeドライブでTri-Modeカードを使用する場合、M.2ドライブを検出するためにTri-ModeカードにU.2イネーブラーケーブルを使用する必要があります。これにより、ピン配置が標準のU.2仕様に戻ります。 詳細については、 ここをクリックしてください。


Q: 電源を入れた状態でNVMeドライブをデバイスに挿入し直しても、NVMeドライブが検出されませんでしたか?

A: ホットプラグ機能をサポートするシステムの場合、システムの電源がオンになっている間、システムがドライブを認識するために、ドライブの挿入と取り外しの各サイクルでオペレーティングシステムから手動で更新する必要があります。

 

手動リフレッシュを実行した後、ドライブを検出できない場合は、システムがホットプラグ機能をサポートしていない可能性があります。 マザーボード/増設カードの製造元に、NVMeホットプラグ機能がサポートされているかどうかを確認することをお勧めします。

 

Windows 11 / Windows 10 / Windows 8 – タスクバーの検索ボックスに【デバイスマネージャー】と入力し、メニューから選択し、ディスクドライブを右クリックして、【ハードウェア変更のスキャン】を選択します。

 

Windows 7 – デスクトップのコンピューターアイコンを右クリックしてプロパティを選択し、【デバイスマネージャー】をクリックして、ディスクドライブを右クリックし、【ハードウェア変更のスキャン】を選択します。


Image result for disk drive scan for hardware changes

 


Q: デバイスの取り付けネジが短すぎて、デバイスをシステムに固定できないようです。どうすればよいですか?

A: 付属のM3 * 2.5Lネジは、0.8〜1mmの厚さのコンピュータケースの金属シートに適合します。 5.25インチベイの幅が広い場合は、デバイスを中央に配置して両側のネジ穴を締めてください。ドライブエンクロージャーをに固定する際に問題が発生した場合は、 sales@seijinshoji.co.jp  までご連絡ください。


Q: 製品本体に取り付けられている冷却ファンを交換できますか? それを行うと保証が無効になりますか?

A: 使用した冷却ファンは、製品で徹底的にテストされ、正しく機能しながらファン速度制御をサポートしていることを確認しています(一部のモデルの場合)。 したがって、最良の結果を得るには、元のファンを維持することをお勧めします。また、搭載ファンがすべてのアプリケーションに適しているとは限らないことを理解しているため、サードパーティのファンに切り替えても保証を対応することを選択しました。 しかし、サードパーティのファンが製品本体に電気的損傷を与えると、保証が無効になる場合がありますのでご注意ください。


Q: サードパーティの冷却ファンを購入する前に、どの仕様を確認する必要がありますか?

A: 以下の情報は、MB699VP-B のファン仕様要件と互換性のあるファンモデルです。

 

ファンの寸法 (LxWxH) 40 x 40 x 10mm 40 x 40 x 20mm 
コネクタタイプ 3 Pin Wafer
定格電圧 (VDC) 12V DC
定格電流 (A) < 0.12A (127mA)
ネジ仕様 フィリップスフラットヘッド-M3x 15mm-スチール
(搭載ファンに付属)
フィリップスフラットヘッド-M3x 25mm –スチール
(含まれていません)

 

互換性のあるファンモデル
(テスト済みではございませんので自己責任でご使用ください)

 

 


Q: ICY DOCK NVMeエンクロージャーは 標準PCIe4.0をサポートしていますか?

A: はい、すべてのICY DOCK NVMeエンクロージャーは標準PCIe4.0をサポートしています。 ただし、PCIe3.0デバイスをPCIe4.0ホストに接続する場合、帯域幅はPCIe3.0に制限されます。 PCIe4.0エンクロージャーは開発中です。


Q: ドライブ トレイを挿入するときに、ドライブ トレイの上下の金属製のバネが引っかかっているように感じます。 私は何をすべきか?

A: ドライブ トレイを筐体から取り外し、トレイの前にある金属メッシュシートに過度の圧力をかけずにトレイを再挿入します。 前面の金属メッシュシートに過度の力を加えると、上部と下部の金属スプリングが曲がり、ドライブ トレイを挿入する際に問題が発生する場合があります。 そのため、金属バネが破損する恐れがありますので、ドライブトレイを無理に差し込まないでください。

 

metal spring
示されているように、金属メッシュシートに過度の圧力をかけないでください。

レビュー
高度な製品検索メニュー
参加する クリア キャンセル
適切な製品が見つかりませんか?こちらからリクエストを送付 こちら
最高の体験を提供するためにCookieを使用しております   より詳しい情報
理解した
オンライン販売